PC-6001 ご存知ですか?

古い話ですが、みなさんNECのPC-6001のパソコンをご存知ですか?

 

と、質問してもわからない人が多いと思います。

 

PC-6001はNEC(日本電気)が販売していたパソコンで、8ビットの

 

ホビーパソコンです。

 

今は、32ビット、64ビットの時代ですが、8ビットと聞くと何か

 

斬新な気がしますが。(たぶん、私だけと思いますが・・・)

 

でも、当時見た時は、すごく新鮮ですごいのが発売された記憶が

 

あります。

 

なんと言っても、キーボードと本体が一体化したデザイン。

 

1981年に発売。 定価89、800円。なかなか手が出ませんでした。

 

アイボリーとブラウンを基調に、オレンジ色の特殊キー群を入れた

 

躯体です。

 

キーボードは今と違って、すべてが横長の長方形。

 

アプリケーションごとにオーバーレイシートを載せ替えて使うよう

 

になっています。

 

9色カラー表示・ひらがな表示・PSG音源(三重和音可能)・ジョイス

 

テックインターフェイス標準搭載。

 

当時の家庭用としては画期的なパソコンでした。

 

当時の資料を探していると、次の記事を見つけることが出来ました。

 

【仕様】

  ・CPU μPD780C-1(Z80-A互換) 4MHz 
  ・テキスト表示 32桁×16行 2画面(RAM拡張時は最大4画面) 

  ・グラフィック表示 256×192ドット 2色  

              128×192ドット 4色 
            1画面(RAM拡張時は最大3画面)

  ・BASIC N60-BASIC(Microsoft 16K bASIC)

  ・インターフェイス

    ・家庭用テレビ

    ・CMT

    ・プリンタ(セントロニクス準拠)

    ・カートリッジスロット(50ピン)

    ・ATARI仕様ジョイステック×2

    ・RS-232C(オプション)

    ・フロッピーディスク

 

当時としては、画期的なパソコンだったと思います。

 

これからがパソコン時代の本格的なスタートだったと思います。

 

今のパソコンと比較すると比較対象にはならないと思いますが、

 

当時は人気のパソコンでした。

 

パソコンの事を見ていていて、ふと、思い出したので書かせて

 

頂きました。

 

ご存知のかた懐かしいと思いいます。

 

また、知らないかたは、?と思いますが・・・。

 

今回は、古いパソコンの話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です